風が吹いて・・・

2019年08月02日
季節 0


山道に栗の毬さんが一つ転がっていました 上を見ても栗の
木は見当たりませんが風が吹いて少し離れた所で木から
落ちた子がコロコロと転がって来たのでしょうか?
栗の木には沢山の毬が付きますが全部がそのままだと
大きな美味しい栗にはなれずに小粒で甘み少なめの栗が
沢山出来てしまいます この子は沢山の毬の中から自然に
淘汰された子で他の子が大きく甘くなることを地面に
転がりながら静かに願っているのかもしれません 夏の
後は勿論秋が待っている訳で秋と言えば実りの秋ですね
夏の暑さが一段落する頃にはこの子の仲間達も大きく
甘くなるのではないでしょうか 美味しくなってねと
思いながらこの子の夏は静かに終えるのでしょうね・・・・

Photo by RICOH GR3
関連記事

気に入ったらシェア!

koozyp
この記事を書いた人: koozyp
koozypのブログへようこそ!

コメント0件

コメントはまだありません