マザーボード

2011年09月05日
Windows 4
最初自作用に買ったマザーボードは確か・・・
socket370のインテル815チップセットが載った
ATXのマザーボードでした ASUSの製品だったと思います
これにpentium3の1Ghzを載せていました当時このCPUは
ハイエンドで¥30000近かったと思います 

次はsocket478のインテル845(B)チップセットが載った物
でしたね確かEPOXの製品でやはりATXのマザーでした
これにpentium4の1.6Ghzを載せていました前回がハイエンド
でしたがこのCPUはローエンドです でもpentium3よりは
高性能でしたね~ 確かこの世代のマザーからメモリが
DDRになりましたね 現在はDDR3ですが当時はDDR(数字無し)
でしたね まだマルチチャンネル化もされていませんでしたね~~

4462.jpg

この後のマザーはちょっと記憶があやふやになりますので
紹介はしませんが確かこの後にセレロンを使ってその後に
pentium4の3Ghzを使ってシングルコアはここまでですね
これ以降は全てヂュアルコア以上を使っています

確か最初の2枚しかATXのマザーは使っていないですね
写真は最新のマザーですがATXはボードサイズが305mm×244mmと
大きくてパーツを組み込んだり配線の取り回しをするのも
スペースが有るので余り頭を使わないんですねよね~
マザー配置も余り吟味をしなくても何とかなりますからね~
でそんな難易度の低さに嫌気がさしてこの2枚以降は
maicroATXのマザーに変更したんですよね~
(値段が安いのも有ります)

Z68MUSB3(m).jpg

microATXはボードサイズ244mm×244mmとATXに比べて幅が有りません
その分だけ拡張性には難がありますが自分の使うケースや
拡張ボードの枚数・仕様・長さ等をきっちりと分かっていた上で
マザーボード上の端子や部品のレイアウトを見極めて選択しないと
組み込み時に随分苦労したりします 上手く行った時はそれが
自作の醍醐味ですよね~ このまま行くと次はITXやminiITXなど
もっと小型のマザーになりそうですね~でもそれだと拡張ボードの
枚数が不足しそうです でも最近の製品はオンボードの機能でも
普通に使うなら十分な性能ですからそれで良いのかもしれませんね
最も今のケースではスカスカなんで買い換えが必要かも
しれませんけど・・・・
こういう所からこだわれるのは自作ならではですね~~

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


関連記事

気に入ったらシェア!

koozyp
この記事を書いた人: koozyp
koozypのブログへようこそ!

コメント4件

コメントはまだありません

robo_kuma

Athlonからでしたねw

こんにちは。

私も最初のマザーはASUSでしたが、CPUはAthlonでした。
会社の先輩とスーパーπ104万桁を競い合ってたのを思い出します。
EPOX懐かしいですね。
DFI LanPartyシリーズもw。
部屋の片付けで沢山出てきました~お金を取られる廃棄物w

そうそう、一度、壊れたPower Mac G4(PCI Graphics)に
DOS/Vのマザーを載せようと思いましたが、このケース
マザーボード基板の取り付けが180度位置が違います。
(サーバー用PCと同じ取り付け仕様)。
さすが、Appleさん、一筋縄ではいきませんw。
加工すれば取り付けられますが~面倒なのでやめましたw
microATXなら余裕で入りますが、やはり出力コネクター
位置の加工は必要ですねw。
さて、G4はMac miniのお部屋になれるかなw
少し廃熱が心配中ですw。

それでは(^O^)/

2011年09月05日 (月) 23:55

管理栄養おたぬき

自作

自作パソコン、これってウィンドウズユーザーならではって感じがします。
マックの場合は、良くも悪くもカスタマイズって余地があまり無い。
自作派にとっては物足りないマシンでしょうか。

koozypさんならではのこだわり、他にももっとありそうですね(^^)

2011年09月06日 (火) 22:07

koozyp

Re: Athlonからでしたねw

> こんにちは。
>
> 私も最初のマザーはASUSでしたが、CPUはAthlonでした。
> 会社の先輩とスーパーπ104万桁を競い合ってたのを思い出します。
> EPOX懐かしいですね。
> DFI LanPartyシリーズもw。
> 部屋の片付けで沢山出てきました~お金を取られる廃棄物w
>
> そうそう、一度、壊れたPower Mac G4(PCI Graphics)に
> DOS/Vのマザーを載せようと思いましたが、このケース
> マザーボード基板の取り付けが180度位置が違います。
> (サーバー用PCと同じ取り付け仕様)。
> さすが、Appleさん、一筋縄ではいきませんw。
> 加工すれば取り付けられますが~面倒なのでやめましたw
> microATXなら余裕で入りますが、やはり出力コネクター
> 位置の加工は必要ですねw。
> さて、G4はMac miniのお部屋になれるかなw
> 少し廃熱が心配中ですw。
>
> それでは(^O^)/


こんにちわ(^ ^)

robokuma様コメントありがとうございます。

robokumaさんはathlonさんですか~当時はさぞ大量の焼き鳥を
作ったのでは無いですか? 今日は塩 明日はタレって感じで
EPOXは確かAMD向け専門になってその後は?
何か慣れてくると英語マニュアルが苦にならないせいか
段々と怪しいメーカーになっている気がしますね~
ASUS→GIGABYTE→BIOSTAR→ASROCK(今ココ)
次はなんでしょうね~
G4のお家化計画楽しみにしていますよレポート載せて下さいね

それでは(^○^)

※コメントが遅れてすいません昨日送ったのですが何故か
消えています どうしてでしょうか?

2011年09月08日 (木) 07:09

koozyp

Re: 自作

> 自作パソコン、これってウィンドウズユーザーならではって感じがします。
> マックの場合は、良くも悪くもカスタマイズって余地があまり無い。
> 自作派にとっては物足りないマシンでしょうか。
>
> koozypさんならではのこだわり、他にももっとありそうですね(^^)


こんにちわ(^^)/~~~

おたぬき様コメントありがとうございます。

確かにMacでは自作は難しいですね~せいぜいHDD関係と
メモリの増設ですね~ でもたまに覗くロジックボードの
美しさは感動しますよ( 基板萌えですね~(^ ^))
あ、人によっ手はCPUの差し替えまでやりますね~
そこまでやれば凄いですね~

それでは(^○^)

2011年09月08日 (木) 07:14