地デジ録画地雷の歴史

2010年10月15日
Windows 0
今は地デジ録画にバッファローの地デジチューナー(USB接続)使用していますがこれはワンセグから数えて
四台目になります最初はバッファローのワンセグチュナー(USB接続)だったんですが余りの画質の悪さに
殆ど使用せず(当時はまだアナログにチューナーカードも使っていました)出たばかりの編集が出来る様に
なったIOデータのカードに変えました(PCIエクスプレス接続)当時はVISTAを使っていましたがこの
チューナーは変な癖が有り1チャンネルでも受信状態の悪い所があるとWINDOWSもろともハングするという
トンデモナイやつでした
編集機能も一応出来るといったレベルの物で一時間の録画ファイルを5ヵ所ほどCMカットをして
DVDに書き出すと四時間かかりさらにときたま失敗するという闇仕様でした。
のちにOSを7の64ビットに変更するのですがメーカーのホームページでは最新のドライバで対応していますと
書いてあるので最新のドライバで使用すると視聴ソフトを立ち上げるとwindowsもろともハングするようになり
全く使いようが有りません。
もちろんメーカーサポートにも文句を言いましたが再インストールをしろとかいうので
(7が出て一週間後ですよ)
買い替えを決意したのですがIOで懲りたのに又何を考えたのか再びIOにしてしまい
(メディアセンター専用の三波対応USBのやつです)又トラブルに見舞われる訳です
(こいつもハングしまくりです)
今は知りませんが当時って一年前ですがIOの7で使えますは嘘です,全くマトモに使えないんですから。
このチューナーは買って一週間以内に使えない事がわかったので返品しました
(交通費以外は被害0です)

でこの後現在使用しているバッファローのチューナーに成ったんですがこれは今までに比べれば
全く平和そのものですねー(最近有った録画サボり病はすっかり乗り越えました)

※USB三波対応のヤツはまだ現行商品ですコレは地雷なので7では使わない方がいいですよ。
関連記事

気に入ったらシェア!

koozyp
この記事を書いた人: koozyp
koozypのブログへようこそ!

コメント0件

コメントはまだありません