コンデンサ

2011年03月16日
コンピュータ 0
先日マザーボード交換をしたwindows機ですが
さすがに今はトラブルも無く動いています

交換前は何となくおかしいなという挙動がいくつか
有ったので書いてみます
・地デジのムーブを時たま失敗する
(書き込み途中で終了してしまう)

・地デジのムーブに入らない
(エラーにより開始出来ない)

・DVDRWのフォーマットが出来ない

・CDーRの容量誤認(650MBを470MBとか)

・DVDドライブを認識しない(突然消える)

・USB接続HDDのフォーマット不良

まだ有ったかな 上記の様な事が不定期に偶発的に
発生するんです 常時発生すれば分かりやすいのですが
結局マザー交換前にOSに再インストールを
一回やっていますが症状は殆ど改善しませんでした

地デジ関連のエラーは最初から不安定なので
ソフト側のせいなのかハード側が原因なのか
切り分けが難しい部分も有り結局2ヶ月余り
騙し騙し使っていました。

でも交換して分かった事は現バージョンの
地デジのソフトは結構安定していると言う事ですね
ムーブ速度も交換前の2倍位になりましたから
交換前1時間番組を1時間40分
交換後  〃   45分
大幅にスピードアップです
(CPUは同じですメモリはDDR2から3になりましたが)
交換後はエラーもなく安定しています。

変なトラブルの原因があのコンデンサですから
価格にして数百円のパーツです。

電源とマザーのトラブルでは殆どコンデンサが
原因と言われる位の弱いパーツなのに
相変わらずコスト重視でアルミ電解コンデンサが
使用されています 固体コンデンサに変えれば
トラブルはグッと減るのですが。

P1010292.jpg
こいつが主犯でした(モッコリした頭を見たら要注意です)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

気に入ったらシェア!

koozyp
この記事を書いた人: koozyp
koozypのブログへようこそ!

コメント0件

コメントはまだありません