CD

2011年02月26日
日記 2
最近音楽CDを久しぶりに購入しまして
ふと思ったのですがCDも来年で世に出てから
30年になるのか~と(1982年10月1日の発売です
当時のCDはレコード店(正にレコード店です)の
レジ前に棚が有りましてその棚に最初に発売された物が
置かれていました 
(アナログのエサ箱には大きさが違い過ぎて入れられません)
値段は¥3800~4000位だったと記憶しています。
この扱いもしょうが無いんですプレーヤーが一台16万しましたから。

当時のCDにはレーベルによっては途中のプロセスを表す略号が
印刷してありました (確かポリグラム系のみ)
ADDとかDDDとかAADとかAはアナログで最初の文字だと
アナログ録音と言う事ですDはデジタルで2番目の文字だと
デジタルマスタリングと言う事です最後の文字はCDは
デジタル媒体なので必ずDです。
今は恐らくオールデジタルでこだわったミュージシャンなんかは
途中のプロセスをアナログにしたりしています。

初期のCDはやはりかなり音が固い印象が有りましたね
これならアナログの方が音がいいぞとそんな感じでした
ま 出てから5年位で移行は急速に進みましたけど

でも次世代は恐らくメディアレスなんでしょうね
ダウンロード販売ですかこうなるとカバーアート
なんかも変わるんでしょうね動画とか

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

気に入ったらシェア!

koozyp
この記事を書いた人: koozyp
koozypのブログへようこそ!

コメント2件

コメントはまだありません

Hatti

確かCDの発売からしばらくして普及帯のCDの1号機(6万くらいだったかな?)がSonyから発売され、それを買った記憶があります。
その頃友人が高級なアナログオーディオを所有していたのですが、数枚のCDを聞き比べてCDが音質で勝つ物とアナログの方が良い物がありました。
しかし方や数十万のプレイヤー相手です。
費用と効果を考えたらLPの時代は終わったんだなと思った瞬間でしたね。

2011年02月27日 (日) 18:43

koozyp

Re: タイトルなし

> 確かCDの発売からしばらくして普及帯のCDの1号機(6万くらいだったかな?)がSonyから発売され、それを買った記憶があります。
> その頃友人が高級なアナログオーディオを所有していたのですが、数枚のCDを聞き比べてCDが音質で勝つ物とアナログの方が良い物がありました。
> しかし方や数十万のプレイヤー相手です。
> 費用と効果を考えたらLPの時代は終わったんだなと思った瞬間でしたね。

こんにちわ(^^)

hatti様コメントありがとうございます。

sonyの6万円の普及機というと恐らく501ESでは無いでしょうか
リニアモータートラッキングで選曲がやたら早くなったモデルです
私が最初に購入したのはCDがでた次の年にNECの17万弱だったかな?
のモデルを購入しました
(当時はデジタルフィルターはNECとPHILIPSしか有りませんでした) 
内部には汎用ICがぎっしり詰まった基板が5~6枚入っていました
NECだけに内部もパソコンの様な作りでしたね
肝心の音はノイズは抜群に少ないのですがちょっと潤いに
欠けていたように思います。

でもハンドリングのしやすさで暫くしたら
アナログは無くなる予感はしましたね

それでは^_^

2011年02月27日 (日) 19:28