MacBookProでは802.11acが使えないので・・・・の続きの続き

2013年07月06日
mac 2
USB3.0対応機器なのにUSB2.0で認識されてしまうPLANEXさんの
802.11ac対応WiFiUSBアダプタGW-900Dですが7月1日に正式版ドライバが
リリースされたのですがこのドライバには余程の問題が有ったのか
次の7月2日に早くもドライバがバージョンアップされるという
異例の事態になりました たった一日でのバージョンアップは
かなり珍しいとおもいますね

2013070501123451.png

新ドライバが出たのでドライバのバージョンアップですが
先ずはWiFiUSBアダプタをUSB端子から取り外します
次に以前のドライバをアンインストールしますアンインストールには
ドライバのフォルダの中のuninstall.commandを使用します
矢印のファイルをダブルクリックでアンインストールが
開始します 
※開始しない場合はシステム環境設定のセキュリテイと
プライバシーのダウンロードしたアプリケーションの
実行許可を一番したの全てのアプリケーションを許可に
チェックを入れれば実行出来る様になります


2013070501123452.png

開くをクリック キャンセルではアンインストールが
実行されません

2013070501123453.png

システムに変更を加えるのでパスワードを聞いて来ますので
ログイン時のパスワードを間違い無く入力します

2013070501123454.png

プロセスが完了しましたと表示されれば旧バージョンの
ドライバの削除は完了です ドライバのアンインストールが
終わったので再起動します 

2013070501123455.png

後は最初と同じ手順でドライバと接続ユーティリティを
インストールします インストールが終わると再び再起動を
求めて来るので言われたままに再起動します

再起動が完了したらWiFiUSBアダプタをUSB端子に取り付けます
取り付けると数秒で認識される筈なのでメニューバーのリンゴマーク
→このMacについて→詳しい情報→システムレポートと辿って
左のUSBを選択します・・・・
2013070501123456.png

今度はUSB3.0で認識されていますね USB3.0機器なので
当然ですが前バージョンのドライバではどうだっかと
言うと下の様に認識されていました

201307020112361.png

USB2.0ハブの配下でUSB2,0接続になってしまって
いました 簡単に速度を測って見ると(ファイルは前と同じ1.03GBのファイルです)

802.ac接続で ダウンロードが1分01秒(前回 1分07秒)
       アップロードが1分12秒(前回 1分14秒)

アップロードは誤差の範囲ですがダウンロードは10%程早く
なっています USB2,0の制限が外れた事で少し早くなった
様です それにしてもピッチの速いバージョンアップには
驚かされました たった一日とは・・・・


・・・・・・・これでUSB3.0になったので安心と思っていると
不明なエラーが発生したのでコンピュータを再起動しますと
素敵なメッセージが表示されて再起動に入りましたがこれが
妙に長いんですね 白い画面になってからも一向に電源が切れずに
約5分後ようやく電源が切れても今度は起動が入らずに黒画面の
ままです いくら待っても電源が入らないので手動で電源を入れると
ジャーンと起動音がして起動に入りましたね 起動に入ればSSD換装済み
なので約20秒で起動が終わるのですが・・・・・・・って 今度は
白画面のままで起動しません じっと待っていると約5分後にようやく
白画面にリンゴマークが表示されて起動になって約1分後に通常の
デスクトップ画面が表示されました WiFiUSBアダプタの接続を
確認してみるとまたUSB2.0接続に逆戻りしています ん〜
何かドライバインストールで不具合が有ったかな〜と思い
一旦ドライバをアンインストールして見る事にしてアンインストール
コマンドを実行して再起動・・・・・・とまた電源が切れずに
再起動にならずに電源が切れてしまいますね 終了に5分 起動に
5分以上ではかなり前のマシンの様でやっていられません
ここまでやって今日は仕事なのでここでタイムアップです 
帰宅後に正常に起動しないなら再セットアップが必要かもしれません

このWiFiUSBアダプタはMacで使うのは諦めてWin機に回したほうが
良いようですね さすがはPLANEXさん一筋縄では行かない様です

素直に使えない製品は本当に疲れますね(´・ω・`)

21時30分追記 もう一度WiFiUSBアダプタをセットアップして
試して見ましたがUSB3.0接続の状態で1GB程度のファイルを
NASに上げるだけでアダプタ本体が猛烈に熱くなって
ファイル転送が途中で止まったりします それに転送が
止まった時はネット接続も切断されていてその直後に
201307060115436.png
OSがエラーを吐いて勝手に再起動したりします 使っていると
この繰り返しで殆ど使い物になりませんね USB3.0接続に少しは
なる様になったのですが安定性は全く駄目です 現在の状態なら
USB2.0接続でしたが正式版のファーストバージョン(7月1日公開)の
方がまだマシですね 現在のドライバを使うならMacでは使わない方が
良い様です 今は買ってはいけないWiFiUSBアダプタです残念ながら・・・・





関連記事

気に入ったらシェア!

koozyp
この記事を書いた人: koozyp
koozypのブログへようこそ!

コメント2件

コメントはまだありません

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年07月06日 (土) 20:57

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年07月07日 (日) 04:00