HaswellのiMacは・・・・?

2013年06月10日
mac 0


いよいよ今夜はWWDCですね基調講演では毎年新製品が
発表されるのですが今年はMacBookシリーズが刷新されそう
ですね それに新iOSの7とOS-Xも10.9の発表が有りそうです

MaCBookシリーズはインテルの新型Coreシリーズである
Haswellを搭載してくるのは間違いないところですね
新型Coreシリーズは前作IvyBridgeに比べて省電力機能を
大幅の強化してノート型機の革新をもたらすとメーカーの
インテルも言っている自信作ですから新型MacBookシリーズには
大いに期待が持てそうですね

Macのシリーズにはノート型だけでは無くデスクトップ型も
有りますねiMacは昨年末にモデルチェンジをしたのですが
今回のWWDCでは新型(と言ってもマイナーチェンジ?)の
発表は有るのでしょうか? 実は余り騒がれてはいませんが
ノート型には省電力機能で革新をもたらしそうなHaswellも
デスクトップ型では省電力性がそれほど求められない為か
性能アップは微妙なものになっているんですよね 演算性能での
アップは前作よりも10%アップとなっていますがその分発熱も
前作の10%アップと演算性能と発熱量のバランスでは殆ど同じと
なっていますね Hawellのもう一つの売りである内蔵グラフィックの
性能強化もスペースに余裕の有るiMacでは外部グラフィックを
容易に搭載出来ますからそれほどの訴求点にはなり得ませんね

上で書いたようにもしiMacがHaswell搭載でモデルチェンジ
したとしてもCPUチェンジによる性能向上はほんの僅かに留まる
筈です それよりもFusionDriveやSSDの搭載拡大による性能アップの
方が効いて来るのではないでしょうか? それでも発熱量は10%程度の
アップと世代が上がったのに発熱量が増えるのはちょっと疑問に思える
モデルチェンジという事にも成りそうです 

APPLEさんもこのことは分かってはいるでしょうが何れはiMacにも
Haswellは搭載されそうですが(秋?年末?)本当にデスクトップ型にも
革新をもたらすのは次作のBroadwell以降という気がしますねBroadwellは
プロセスルールが14nmにシュリンク(縮小)されるのでHasellよりも
更に低発熱になる可能性が高いので放熱を考慮するデザインの必要性が
薄れて現在よりも更に自由なデザインにすることが出来ますからね

モデルチェンジに更に今回の新製品発表ではMac製品の値上げも
有りそうですね(日本限定ですが・・・)ノート型に関しては
新製品で値上げとなるので直接比較するモデルがないので
値上げも順当な線だと思いますがiMacやMacminiはモデルチェンジ無しで
値上げとなるとちょっと困りますね それとも今回はモデルチェンジも
何も無くそのまま(価格も)継続で年末辺りのモデルチェンジの
時に値上げとかの可能性もありますね もしかするとOneMoreThingで
しらっとHawellをiMacに搭載して値上げ・・・・というパターンも
有りの気がしますね(リーク情報は無いので信憑性は?ですが)
何れにしても後12時間ちょい位で本当の所が分かりそうです・・・・

iMacさんを買うなら今ポチって置いて発表後まで決済を
遅らせるのが良さそうです・・・・決済後キャンセルも有りでしょうか・・・・?
恐らく値上げは確実???




このエントリーをはてなブックマークに追加


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=IN-MAC11BK&cate=1ブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

BS blog Ranking
 
関連記事

気に入ったらシェア!

koozyp
この記事を書いた人: koozyp
koozypのブログへようこそ!

コメント0件

コメントはまだありません